光の重要性

紫外線の作用

紫外線UVAによる光化学作用

人間を含め動物は、紫外線UVAの化学作用を利用して生きています。
紫外線が皮膚に当たることで、皮膚下で数百種類の生理活性物質(神経伝達物質とホルモンの中間的物質郡)ができています。この中で科学的に解明されているものは、すでに50種類に及びます。このさまざまな物質郡が、身体のさまざまな器官をコントロールする役割をしています。
※ゆえに、オゾン層の破壊による一部の強力な紫外線が懸念されていますが、しかし紫外線に当たらないと、身体に必要不可欠な光合成物質ができないため、身体にさまざまなな不調が現われていきます。

(紫外線UVAにより皮膚下で光合成される代表的なホルモンとして)
ビタミンD3、ヒスタミン、キニン、プロスタグランジン、プラスミン、他数百種類の光合成物質
※すべて、薬の成分として使用されています。

紫外線の作用を勘違いしていませんか?

紫外線には、化学作用があります。紫外線は化学物質を別の化学物質に変える作用があります。自然界や生物はこの作用を利用して、自分の身体の中にないものを紫外線の化学作用で創る訳ですが、 人間が作った合成化学物質には、反対に悪い影響を及ぼす結果になります。
例えば、排気ガスや工場から出る化学物質に紫外線が当たるとさらに有毒なものになり、光化学スモックとなります。

また、化粧品や日焼け止めクリームなどの中に含まれる防腐剤、香料、油分、etcなどの合成化学物質に反応して、シミや肌トラブルを起こす原因になります。
また、印刷物などが日に当たると色があせるのも、合成化学塗料が化学変化をしてしまうからです。
(紫外線が悪いのではなく、人間の作った人工産物に悪影響を及ぼすということです)
植物はどうでしょう? 野菜でも果物でも、紫外線に当たることで鮮やかな色を付け、さまざまな光化学成分を作り、おいしく実るのです。
現在、ポリフェノール、ベーターカロチンなどさまざまな食物成分が話題になりますが、このファイトケミカルと呼ばれる物質を作るのは、紫外線です。

可視光線の作用

可視光線は化学作用と物理作用の両方の特性を持ちます。

唯一、人間の目に見える光です。波長領域は400nm~800nmで、いわゆる虹の7色の色になります。
生物はこの可視光線により、昼と夜を知り、交感神経、副交感神経の切り替えを行っています。人間の場合、目から導入された可視光線は、脳の中心の視床下部に届き、自律神経に直接働きかけ、自律神経を安定させます。また、光によって生成、抑制される脳内ホルモンが注目されています。(セロトニン、メラトニン、etc)

※屋内生活の多い現代人は、人工照明の影響による自律神経の乱れ、脳内ホルモンの分泌異常が指摘され、うつ病、自律神経失調症、内分泌異常の原因になっていると考えられています。

  • 太陽光は晴れの日で、およそ1万ルクスの明るさがあります。
  • 室内の蛍光灯は、およそ1千ルクスしかありません。これは曇りの日の明るさです。

※アーク光線は、太陽とほぼ同じ、1万ルクスの光を発光します。

自然界は、すべて可視光線の7色の色で構成され、すべて意味を持っています。

自然の色は、すべて意味を持っています。例えば光合成を行う植物の葉は緑ですが、これは植物が光合成を行うためには、緑色の波長は必要ないため、反射させます。残りの6色は光合成に必要なため吸収してしまいます。ゆえに私たちの目には緑色に見えるわけです。
人体のホルモンや酵素の中で、色が発見されているものが、すでに100種類以上確認されています。これは生物のホルモンや酵素が可視光線に深く関わっていることを示します。

※自然界の色はすべて、可視光線の7色の色を持っています。これは闇雲に色を付けたのではなく、すべて意味があります。
暗闇に生きる生物の多くは、光を吸収する必要がなく、すべて反射させるため、白くなります。
反対に海藻などは、地上の植物よりも光が弱い環境で光合成を行うには、すべての光を吸収するため、黒くなります。

赤外線の作用

地球と生物に熱エネルギーを与える赤外線の作用

太陽光線の赤外線は地球全体に、限りない熱エネルギーを供給しています。もしこの赤外線が地上に届かなかったら、地球そのものが凍りついてしまいます。波長領域は800nm~5000nmで、大きく分けて近赤外線、中間赤外線、遠赤外線に分類されます。
あらゆる生物も、この太陽の赤外線を利用し、体内に熱エネルギーとして取り込んでいます。赤外線の特徴としては、浸達性があることと、濃色(黒色)に吸収されやすいことです。
人体の場合、体内に最高15cmまで到達し、熱エネルギーに変わります。頭蓋骨も透過します。

なぜ、血液は赤いのでしょうか?

現在、地球を支配する人間を含む脊椎動物は、すべて赤い血液を持ちます。なぜ赤くしたのでしょうか?
心臓から出る動脈の血液は、鮮血で赤いのですが、静脈、特に全身に張り巡らされた毛細血管では、赤黒くなります。これは、進化の過程で血液に直接、太陽光の赤外線を取り入れ、熱エネルギーに変換する目的で赤黒なったと考えられています。

私たち人間を含む、すべての生物は太陽光と深く関わった身体になっているのです。太陽に当たらない現代人の多くに低体温現象が起っています。
これは、重大な身体の異変の要因になっています。(平均体温が35度代の人)

医学博士 宇都宮光明太陽光線または紫外線UVA、可視光線、赤外線の人体に対して確認されている作用
世界で発表されている太陽光線の臨床報告、研究結果として。
※特定の医療器等の効果を示すものではありません。