なぜ光なのか?

救うのはこの光だと思う

光なければ生命はない

この光が身体に触れたときの暖かさに、私たちは生きる喜びを感じ心の中まで温まります。
肌にやさしく触れた光が有益なものだということが理屈抜きに本能的にわかります。
この光こそが「私たちの生命の源」だからです。
人工光とは性質そのものが違います。
私たちの健康を促し、病を癒し、心までも癒してくれます。
私たちの身体に今必要なものはこの光だと思う。

今、光療法が注目されている理由

すべての生命は太陽に養われている

地球上のさまざまな生物は、およそ35億年かけて、多種多様に進化してきました。進化とは、環境に適合し、尚且つ環境を応用する生体組織を創り、子孫を繁栄させることです。この生命が進化してきた地球の環境とは、豊富な[水][酸素][太陽光線]です。
ゆえに、地球上のすべての生物は、水と空気と太陽光線を必要とし、また応用する身体の仕組みに進化しました。

もし、水や酸素がなくなれば、どのような生物でも生きていけないことは、誰でもがわかることと思いますが、自然の最大の恵みである太陽光線となると、日照に恵まれた国ほど、おろそかにしがちです。
また、文明の進歩やオゾン層の破壊に伴い、太陽光線の重要性が軽視され、その影響が多くの現代病や、さまざまな症状に現れていことは紛れもない事実です。

500万年の人類の歴史の中で食料不足で栄養欠乏はありましたが、[光線欠乏症]はありませんでした。
文明の発達による生活環境の変化が、[光線欠乏症]を引き起こし、さまざまな病気に起因していることが、多くの医療関係者から示唆されています。

今、自分の身体に足りないものは、何なのか?改めて考えなくてはならない時期ではないでしょうか。

生命の3大要素

生命の3大要素 光、酸素、水

  • 水の汚染に対して→浄水器
  • 空気の汚染に対して→空気清浄器
  • オゾン層の破壊と生活環環境の変化に対して→人工太陽(アーク光線器)

ゆえに最新の医療技術にも光が使用され、さまざまな治療に「光療法」が応用され注目されています。
人体は光と密接な関係を持ち、健康に大きく左右することが明らかにされています。