人間が作り出した電球や蛍光灯などの光と、自然の太陽光は明らかに違うことは、誰もがわかると思います。電球や蛍光灯が発する光からは、単独の波長のスペクトルしか出ません。これを単独スペクトルと呼びます。

しかし太陽光は、およそ10万種類に及ぶさまざまな特性を持った波長の光の集合体です。これを連続フルスペクトルと呼びます。

アーク光線は、最先端の技術で直径1cmの人工太陽を作りプラズマを発生させることによって得られる、この10万種類の連続フルスペクトル光です。しかも人体に有害な波長は意図的に取り除いてあり、最新のコンピューター技術によって、10万種類の光を効果別にコントロールできる光線です。副作用などの心配も一切なく、安全で効果的に、しかも気持ちよく照射できる光線がアーク光線です。

このエントリーをはてなブックマークに追加