日本光線療法協会 トップページ太陽光線と生命光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

 

コンピューター制御 光線治療器

 ■アーク光線治療器
  世界唯一!コンピューター制御
  カーボンアーク医療機器
  【数十種の特許取得】

  発光温度 3000℃以上の超高温

 ■他の光線治療器(カーボンアーク従来型)
  手動式 V字電極タイプ

 

  発光温度 1200℃〜2000℃前後

 ■カーボンとカーボンの間隔を自動的に制御
   して常に 最良のアーク放電を行なうため、
   安定した発光が可 能になり、従来品より
   治療効果が向上。
  タイマー(最大60分、5分間隔)により
   自動照射、自動停止、転倒時自動停止、
   温度センサー、など安全性も向上

 ■カーボン間隔調整つまみにて、常に手動で
   カーボンの 間隔を調整。
  また、 V字放電のため、強いアーク放電が得
   られず、燃 焼温度も低い。
  利点は構造が簡単なため安価。

 ■光センサーを始め、各センサーが働き電流、
   電圧、 カーボンの間隔、を自動制御する。

 ■カーボンの消耗に合わせ、電流、電圧が
   変化してしまい、均一のアーク放電が
   行なわれず、不安定な光を発光。

 ■光センサーを始め、各センサーが働き
   カーボンの消耗部分を自動制御する。
 ■カーボンの消耗により間隔が許容範囲を超え
   るとアーク放電は自然消滅してしまう。
   (照射開始より、およそ  15分)
 医療用高純度カーボン 種類 A B C D  (他のカーボンとの比較)

 ■カーボンの炭素純度を極限に上げてた高純度
   のカ ーボンです。さらに数十種類に及ぶ発光
   素材を混合 させて、治療に最適な光を創りま
   す。
 
  【光のスペクトルと波長領域が異なります】
  ジョイント式で従来品のようなロスもありません。


 発光は、肉眼でも違いが明らかにわかります。
 ※類似品にはご注意ください。

 ■不純物の多い粗悪な炭素は不完全燃焼を
  おこし低温 で燃焼し、治療に最良の光は得
  られません。
  【光のスペクトルと波長領域が変わります】
  利点は、安価。

 

 


太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について