日本光線療法協会 トップページ太陽光線と生命光線療法について全国の取扱店お客様の声光の医学について日本光線療法協会 お問い合せ

■ヒポクラテス : 紀元前460年頃〜375年頃のギリシャの医師。
医術の数々の偉業を成し遂げ、現代医学の祖(父)とされている人物。
医師になるには、ヒポクラテスから学びます。また、欧米諸国では、医師になるためにはヒポクラテスの宣誓をします。 

ヒポクラテスがおこなった治療で、最も有名なものが「日光療法」

 

The Oath of Hippocrates
I swear by Apollo the Physician, and Aesculapius, and Health, and All-heal, and all the gods and goddesses, that, according to my ability and judgment, I will keep this oath and this stipulation-to reckon him who taught me this art equally dear to me as my parents, to share my substance with him, and relieve his necessities if required; to look upon his offspring in the same footing as my own brothers, and to teach them this art, if they shall wish to learn it, without fee or stipulation; and that by precept, lecture, and every other mode of instruction, I will impart a knowledge of the art to my own sons, and those of my teachers, and to disciples bound by a stipulation and oath according to the law of medicine, but to none others. I will follow that system of regiment which, according to my ability and judgment, I consider for the benefit of my patients, and abstain from whatever is deleterious and mischievous. I will give no deadlymedicine to anyone if asked, nor suggest any such counsel ; and in like manner I will not give to a woman a pessary to produce abortion. With purity and with holiness I will pass my life and practice my art.
I will not cut persons l aboring under the stone, but will leave this to be done by men who are practitioners of this work. Into whatever houses I enter, I will go into them for the benefit of the sick, and will abstain from every voluntary act of mischief and corruption of females or males, of freemen and slaves. Whatever, in connection with my professional practice, or not in connection with it, I see or hear, in the life of men, which ought not to be spoken of abroad, I will not divulge, as reckoning that all such should be kept secret. While I continue to keep this oath unviolated, may it be granted to me to enjoy life and the practice of the art, respected by all men, in all times ! But should I trespass and violate this oath, may the reverse be my lot!

 

医の神アポロン、アスクレピオス、ヒギエイア、パナケイア、および全ての神々に、自身の能力と判断に従って、この誓約を守ることを誓う。この医術を教えてくれた人を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。
その子孫を自身の兄弟 のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。 著作や講義その他あらゆる方法で、医術の知識を息子、師の息子、 また医の規則に則り誓約で結ばれている弟子たちに分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。依頼されても人を殺す薬を与えない。そう匂わせることもしない。同様に婦人を流産させる道具を与えない。生涯を純粋と神聖とで貫き、医術を行う。 結石を切り出すことは神にかけてせず、それを生業とする者に委せる。どんな家を訪れる時も患者の利益の為のみとし、故意に戯れた行動や堕落した行動は避ける。女と男、自由人と奴隷の相違を鑑みない。医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!しかし万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。

・恩師に尊敬と感謝をささげる。
・良心と威厳をもって医を実践する。
・患者の健康と生命を第一とする。
・患者の秘密を厳守する。
・医業の名誉と尊い伝統を保持する。
・同僚は兄弟とみなし、人種、宗教、国籍、社会的地位の如何によって、患者を差別しない。
・人間の生命を受胎のはじめより至上のものとして尊ぶ。
・いかなる強圧にあうとも人道に反した目的のために、我が知識を悪用しない。


■ヒポクラテスの医学の特色は、病状を正確に観察し記述する。病気よりも病人の現状を全体としてとらえ、将来の経過を正しく予知しようとする。環境条件が病気の発生や経過さらに人の体質気質に及ぼす影響を明らかにし、病気を自然現象として見る。粘液や胆汁などのいわゆる体液によって発病のメカニズムを合理的に説明しようとする。骨折や脱臼などの負傷に対し独特の包帯のしかたや整復のための補助器具を説く。病気の治療法としては自然の回復力を重視しする。要するに、病気を生物に起こる自然現象として土地や気候を含む環境全体の中においてとらえた考え方である。

ヒポクラテスがおこなった治療で、最も有名なものが「日光療法」です。
薬物療法や対症療法に頼りすぎた現代医学の反省点として、欧米では医療そのものを見直し、『ヒポクラテスに帰れ!』と言われております。

 
太陽光線と生命 光線療法について 全国の取扱店 お客様の声 光の医学について